アルツハイマー型認知症の原因物質 歯周病によって蓄積する仕組みを解明されました

歯周病菌(ジンジバリス菌)が体内に侵入し、認知症の原因物質を脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組みが解明されました。つまり、歯周病の放置が認知症の原因物質を蓄積する事が証明されたという事です。日本では高齢化が進むに伴い認知症患者数が急増しています。認知症の7割を占めるアルツハイマー型認知症には根本的な治療法がないため口腔ケアによる発症・重症化の予防に注目が集まってます。