虫 歯

残せる歯は最大限に残す、患者様に最適な歯科治療をご提供します。

虫歯の治療はごく初期の段階を除き、虫歯になっている所とその周囲の歯を削って、その部分に詰め物を入れる(または被せ物を被せる)という治療が主流となっています。これは症状が進めば進む(虫歯の範囲が広くなる)ほど削る量も多くなるなど大掛かりな治療になってしまい、再発するリスクが高くなってしまいます。完全に歯が無くなってしまった場合の治療法としてインプラントやブリッジ、入れ歯などの治療技術は日々進歩していますが、やはりご自身の歯に勝るものではありません。お金で買うことのできない、かけがえのないご自身の歯を長く使っていくためにも早期発見、早期治療を心がけましょう。

治 療

①根管治療

虫歯が進行し歯髄(しずい)という組織まで到達した場合、歯の神経を完全にとって歯の中を消毒する根管治療が必要となります。成功すれば虫歯の進行が止まり抜歯しなくてもすむのですが、神経は幾重にも枝分かれしておりそのすべてを抜くことは非常に難しく、成功率の低い治療といえます。しかも一度神経を抜いた歯は、虫歯になっても気づきにくく虫歯になりやすい、歯が弱くなるなどデメリットが多々あります。(被せ物の費用も別途必要になります)早期発見だと治療も簡単なものですみます。

②入れ歯治療

虫歯や歯周病、加齢によって歯が抜けて複数本無い場合には、保険適応可能な入れ歯治療が、金額面での負担の少ない治療となります。

歯周病

残せる歯は最大限に残す、患者様に最適な歯科治療をご提供します。

歯周病は近年お口の中だけでなく、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、糖尿病、三又神経痛、助間神経痛、肥満などの全身疾患と密接な関係にあると最近の研究で確認されています。 歯周病は主に歯と歯肉(歯茎)の境界の清掃が行き届かないで歯垢(プラーク)が蓄積し、その中に含まれる細菌の感染で炎症を起こします。又、歯垢が一切関係なく多くの複合的要因によっても発生する非プラーク性歯周病疾患というのも多数あります。歯周病はほとんど痛みを感じることなく症状が進んでいきます。歯肉の痛みや腫れ、出血などの症状が出てくるのは、大抵の場合末期になっていることが多く、気付いたときには歯がグラグラになっていて抜歯しかない状況になってしまうことがあるのです。かなりきつい口臭も伴います。自覚症状の無いまま進行してしまう、これがこの病気の特徴で一番恐ろしいところです。 中高年の80%に歯周病があると言われています。最近では、若い世代の人達にも歯周病があるのです。又、成人が歯を失う原因の第一位は歯周病で、歯を失い残存歯が少なくなることで、認知症のリスクが高まるという報告もされています。

治 療

歯周病治療では歯周病の原因である歯周病菌をお口の中から取り除き、歯周ポケットの改善を促します。

歯周病治療にはプラークや歯周病菌の住処になりやすい歯石を除去します。

 

歯石は磨き残したプラークが石灰化したもので、表面は凸凹しており、プラークの住処となります。歯石は歯ブラシでは取り除けず、スケーラーという専用の器具を使って取り除きます。

プロフェッショナルケアでも歯周ポケットの改善が見られなかった場合は、歯周ポケットの内部にまでプラークや歯石が付着している可能性があります。麻酔下でポケットの深いところの歯石を除去したり、歯ぐきを切開するフラップ手術などにより改善を図っていきます。

小児歯科

大事なお子様の今と、将来の歯の健康のために

子供の歯『どうせ永久歯にかわるんだからむし歯になってもかまわない』と思っていませんか? お子さまの歯はとってもデリケートです。子どもの歯は大人の歯とまったく違います。将来のことまで考えた治療を行っていかなければなりません。実は子供の歯は、大人になってからの、かみ合わせ・歯並び・顎の発育に大きく影響します。 歯並びや噛みあわせが悪いとコンプレックスになったり、むし歯になりやすかったりしますので、お子様の将来に大きな影響を及ぼしています。小児歯科とはただ虫歯を治すだけではありません。大切なお子様の将来のためにお子様の歯に適切な治療を施し、正しい成長を促すのが小児歯科です。

 

お子さまの成長に合わせた小児歯科

当院の小児歯科は、お子さまの現在の年齢によって、最適な口腔内治療・ケアをご提案させていただきます。お子さまの歯は、年齢や成長によって、治療やケアの方法が全く異なります。お子さまの歯や口腔内が気になり始めたら歯科医院に通う習慣をつけましょう。当院は、様々な専門分野を持つドクターが在籍しており、包括的な視点から、最適な方法をご提案させていただける環境が整っております。『虫歯で歯が痛い』『永久歯が生えてこない』などなど、お子さまの口腔内にお悩みの親御様は、是非一度当院にご相談ください。

お子さまの成長に合わせた小児歯科

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌はいません。では、なぜむし歯になるのでしょうか?むし歯は感染症ですので、下記の3つの治療・ケアで、お子さまへの虫歯リスクを軽減できます。 むし歯菌への感染時期を遅らせることで、将来むし歯ができにくくなるというデータも報告されています。つまり、今のお子さまをむし歯から守ることは、将来のお子さまのお口の健康を守ることにもつながるのです。

 

治 療

①感染源の除去

感染源となるお母さまや周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが大切です。毎日の歯磨きに加え、歯科医院でのケアやクリーニングを受けましょう。

②感染経路の遮断

むし歯の感染を防ぐのに効果的なキシリトールを活用して、安全なスキンシップを心がけましょう。特に[無糖][糖類0][シュガーレス]などと表示されている製品がお勧めです。

③抵抗力の強化

歯質が弱く免疫力の低いお子さまの歯を守るために、歯科医院での歯磨き指導を受けたり、口腔内に合わせたケアを日々きちんと行いましょう。

訪問診療

訪問診療はご自身で歯科医院へ通院が困難な患者様のご自宅、または介護施設へお伺いして、治療を行う診療です。

ご自宅で治療ができればご本人の心身の負担が軽減されると共に介護に付き添われるご家族の負担も取り除くことができます。

「美味しく食べること」「家族や友人と会話を楽しむこと」「笑顔で気持ちを伝え合うこと」には、お口の健康が関わっています。

きちんとケアをすることで自分の歯を健康に保つことは可能ですし、歯を失ってしまっている方でも適切に義歯を装着することで、失った楽しみを取り戻せることも多くあります。
当医院では訪問歯科でも口腔ケア、予防歯科治療に力を入れております。
訪問歯科を通じて『Quality Of Life = 生活の質』を向上・維持していただくお手伝いを出来ればと思います。

まずはお電話にてご相談ください。
もりかわ歯科訪問受付センター(アリオ八尾内) 072-922-8148
※ 担当不在の場合、折り返しの連絡をさせていただくことがございます。
※ 治療内容によっては通院をお願いすることがございます。