患者さまのお気持ちを理解して、ご希望を治療内容に反映

患者さまお一人おひとりと真剣に向き合い、どのようなお悩みや不安を抱えているのかをしっかりお伺いします。できるだけご希望を治療に反映していきたいからです。治療を受けた患者さまが喜んで笑顔になることが、歯科医療の本質であると考えています。すべての患者さまに対して同じような治療を行うのでは意味がありません。歯1本単位で診るのではなく、表情や健康状態、その方の「ひととなり」に至るまで把握して、そのうえで治療を提案させていただきます。

信頼できる歯科衛生士を担当制にすることで重症化を防ぐ

お口の健康作りは日々の積み重ねが大切です。ご自宅でのセルフケアはもちろん、歯科医院で定期的にお口のメンテナンスを受けることで、良い状態を維持しやすくなります。そこで当院では患者さまが予防に取り組みやすいように、予防専用のクリーニングルームを院内に設置しました。メンテナンスの際は、このクリーニングルームで歯周病の検査やお口のお掃除を受けていただけます。予防は長期目線で取り組んでいくものです。だからこそ、より具体的にお口の状態を一貫して管理できるよう、歯科衛生士は患者さまごとの担当制にしました。少しの変化からも問題を発見しやすくなり、未然に重症化することを防ぐことになります。

80歳で20本の歯を残す

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」

1989年に当時の厚生省と日本歯科医師会が「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」ということをスローガンに始まった運動です。「80」は男女の平均寿命を、「20」は硬い食べ物も満足して食べるために必要な歯の本数を表しています。「8020運動」と呼ばれる前は「一生自分の歯で食べよう」という呼びかけが行われていました。

予防歯科に通った方が良い理由

歯の疾患を未然に防ぐ

定期的に予防歯科に通うことは、その名の通り虫歯や歯周病などの口内のトラブルを未然に防ぐことが目的です。プロの手によるメンテナンスで、口内のトラブルを元から断ち切ることができます。
たとえ疾患が見つかったとしても、早期発見・早期治療することができるので、ダメージが軽くて済みます。一生使う大切な歯を、健康な状態で維持できるのが、予防歯科のメリットです。

費用対効果が高く、結果安く済む

予防歯科に通って、定期健診を受けたりクリーニングをしたりすると、当然お金がかかります。虫歯や歯周病になっているかどうかわからないのに、歯医者さんに通ってお金を払うのは勿体ないという意見もあります。
しかし、定期健診をしっかり受けていれば、もし口内に疾患が発生しても、初期の段階で治療を開始することができます。治療期間や治療に伴う痛み、そして費用などあらゆる面において、負担が軽くて済みます。もし定期健診を受けずに、歯痛などの自覚症状が現れてから通院すると、症状はかなり進行しているので治療も一筋縄ではいきません。
さらに、治療費も高額になってしまいますので、定期健診を受けていた場合よりも様々な面で負担が大きくなります。総合的に考えて、予防歯科に定期的に通う方がメリットの方が多いでしょう。